Thanks for 20years

謹啓

 

心地よい秋の風が吹き抜ける候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

アデイは本年10月に、20周年を迎える運びとなりました。これもひとえに皆様からの温かいご支援の賜物と深く感謝申し上げます。誠にありがとうございます。

 

この20年間においても、デザインは意匠や構造、あるいは思考方法など、さまざまな形に定義され、さらに昨今では「デザイン経営」なる言葉も登場し、ブランド力向上やイノベーション創出のための重要な経営資源の一つとして位置付けられるようになりました。

 

弊社はここ数年、そうした多義に渡るデザインの仕組みや方法に目を向け、さまざまな活動を進めてまいりました。リアルとデジタルの跨がる領域はもちろんのこと、例えばデザインPoCによるアプローチは、デザインの大きな可能性といえるのかもしれません。

 

社会の劇的な変化の中で多様化する皆様のビジネスにおいて、私たちに要求されるデザインとは何か。アデイはこれまでのデザインに、何かプラスアルファのお手伝いができるように日々研鑽してまいります。今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

これを機に、ロゴを新しく、また心新たにオフィスを移転いたします。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

謹白

 

令和元年10月吉日

株式会社アデイ

代表取締役 中佐藤裕司

新オフィス

〒160-0017  東京都新宿区左門町10-27  ロイクラトン左門町202

Tel.03-6384-1627 Fax.03-6384-1628

※新しいオフィスでの営業は10月7日(月)からになります。

デザインPoC(自社プロダクト)/ting-A-ling

猫の鈴はどのようなコンセプトなのだろうか。イソップのようなものでもなく、迷子猫探索タグでもないと仮説する。おそらく昭和の鈴も、令和の鈴も、単にかわいい猫と人間のコミュニケーションのための、デバイス。コミュニケーションのきっかけのためだけにある。なぜソーラーセルなのか。クラウドはどのような構成なのか、などさまざまな技術はもちろん、APPデザインもこうしたコンセプトに内包されなければならない。(特許取得済み)

関連グループ会社

Copyright 2019    Aday Inc.